<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【カタログ値から算出した2017年の発電量の目標値(単位:KWh)】
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
目標値 409 412 458 462 501 405 419 452 378 371 346 368
結果 376 436 484 544 527 525 462 439 426
達成率 92% 106% 106% 118% 105% 130% 110% 97% 113%

2017年9月末時点での結論 : 『太陽光発電は、カタログ値通り発電する!』


2017年4月29日 発電開始から10年180日
ついに発電料金が購入代金に達しました!!!







産業用太陽光発電の一括見積りなら【グリーンエネルギーナビ産業用】

<< 1月24日の発電量 | main | なぜ4kwのシステムが多いのか >>

太陽光発電システム設置の補助金制度復活

2009年1月13日から、太陽光発電システム設置の補助金制度が復活しました。それも、1kwあたり7万円と太っ腹の設定となっています。さらに、市町村によっては独自の補助制度があり、今回の補助と併用できる場合がありますので、1kwあたり10万円ほどの補助になる地域もあると思います。設置費用の15%前後を、補助してもらえる計算になります。

さて、今回の補助制度復活の注意点をいくつか。
補助制度を利用するには、
1.現時点で、太陽光システムが設置されていないこと
2.現時点で、太陽光システムの設置工事が開始していないこと
ようは、これから太陽光システムを設置しようとしている段階である事が必要です。

その上で、
1.以下の期間に申請書を提出すること。
  平成21年1月13日〜平成21年3月31日
2.補助交付が決定してから、設置工事を開始すること
3.先着順なので、枠からもれないこと。
が、必要です。

そこで、今回の補助は、何世帯分の補助があるのか計算してみました。

今回の補助総額 90億円
1世帯の平均は、だいたい4kwシステムなので、28万円。
9,000,000,000 / 280,000 = 32,143
という事で、約3万2千世帯となります。

いくら補助が出るからといって、太陽光システムは高額なものですから、早々にいっぱいになってしまう事はないと思いますが、ゆっくりしていると受付終了になる場合も考えられますので、注意が必要です。

現在の受理件数、申し込みの詳細は、公式HPの太陽光発電普及拡大センターHPをご覧ください。
solar-pv * 太陽光発電メモ * 00:57 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ